治療費・医療費控除一覧 Kawasaki Noelle Orthodontic Clinic

治療費・医療費控除一覧 Kawasaki Noelle Orthodontic Clinic

かわさきノエル矯正歯科の治療費一覧・医療費控除について

「かわさきノエル矯正歯科」の治療費・医療費控除についてご案内します。当院の矯正治療は海外では一般的な方式である定額制を採用しています。来院毎に再診料は追加費用はいただいておりませんので、追加費用の心配は一切ありません。お子様ひとりでも安心して通院頂けます。

当院の「定額制」について

  • 治療開始前に、治療費の総額をご提示します。追加費用の心配はありません。
  • 毎回の再診料(調整料や施術料)は当院では無料です。
  • 無利子の分割払い(30回くらいまで)が可能です。※ローン契約は不要です。
  • カードでのお支払いが可能です(全てのカード取り扱い)
  • 医療費控除が受けられます

当院では、きちんと治るまで治療を行うことを第一に考えています。治療期間はできるだけ短くできるよう努めていますが、想定された治療期間よりも長引いてしまうケースもあります。当院では再診料はいただきませんので、そのような場合でも「きちんと治るまで」費用の心配なく治療を受診いただけます。

※万が一、転勤などにより転院が必要となった際には、治療の進行度に応じて精算・返金いたします。当院は日本臨床矯正歯科医学会の転医規定を遵守しております。

料金表

表示価格に消費税は含まれておりません。別途、消費税がかかります。また、当院では保険診療は行っておりません。

成人の矯正治療の場合
初診相談料 無料(当院初診の方)
5,500円(税込)(他院で治療中の方、当院で経過観察中の方、2ndオピニオンの場合)
検査診断料 66,000円(税込)
(歯列矯正のための検査および、治療方針立案のための費用)
矯正治療費 上あごのみの治療: 550,000~770,000円
(税込)
白い矯正装置による外側からの治療: 990,000~1,210,000円
(税込)
裏側からの治療: 1,540,000~1,870,000円
(税込)
裏側(上あご)+外側(下あご)での治療: 1,320,000~1,650,000円
(税込)
マウスピース型矯正装置での治療: 1,320,000~1,540,000円
(税込)
毎月の調整料

当院かかりつけの方:0円
かかりつけ以外の方:5,500円
(税込)

※咀嚼(そしゃく)機能障害、顎関節症を伴う不正咬合の歯科矯正治療には、医療費控除が適応となります。

子供の矯正治療の場合
初診相談料 無料(当院初診の方)
5,500円(他院で治療中の方、当院で経過観察中の方、2ndオピニオンの場合)
検査診断料 66,000円(税込)
(歯列矯正のための検査および、治療方針立案のための費用)
矯正治療費 第1期治療 顎関節のスプリント療法: 330,000~440,000円(税込)
前歯の部分矯正+ヘッドギア: 330,000~550,000円(税込)
前歯の部分矯正+機能的矯正装置: 330,000~550,000円(税込)
第2期治療 第1期治療からの継続治療: 990,000~1,210,000円(税込)
- 第1期治療費
第2期治療から開始される場合: 成人の費用に準じます
毎月の調整料

当院かかりつけの方:0円
かかりつけ以外の方:5,500円(税込)

子供の矯正治療は、第1期治療に1年半、第2期治療に1年半ほどの期間を必要とします。そのため、成長や治療の状況に応じて歯列の状況が変わり、治療方針に変更が生じることも少なくありません。

しかし、当院では治療費を定額制とさせていただいているため、使用する装置や治療方法に変更が生じた場合にも、治療費が加算されることはありませんのでご安心ください。また、全国に関連病院が多数ありますので、転居などによる治療継続の心配も不要です。
※小児の歯科矯正治療は、医療費控除の対象となります。

顎関節症治療の場合
矯正治療を行う場合
顎関節症治療費用 110,000円(税込)
(顎関節精密検査費用、再診料はかかりません)
顎関節症治療のみを行う場合
初診カウンセリング料 5,500円(税込)
顎関節症精密検査料 66,000円(税込)
顎関節症治療費用 330,000~440,000円(税込)
再診料 5,500円/15分につき(税込)

医療費控除について

矯正治療は自費診療(保険適用外の診療)となりますが、確定申告による医療費控除が行えます。税金負担を減らすことで実質的に治療費を節約できるのでご活用することをおすすめします。医療費控除は自分自身と生計を共にする家族の医療費の合計が、一定の基準を満たす場合に申告が可能です。

医療費として計上できる費用
  • 治療費(矯正治療やインプラント治療など自費診療のものも申告できます)
  • 公共交通機関を利用した交通費 など

歯科医院での治療に限らず、その他の医院での治療や薬局で購入した医薬品などもすべて医療費として計上できます。領収書やレシートなどは大事に保管しておきましょう。交通費など、レシートのないものはメモ書きがあれば大丈夫です。

医療費控除額

医療費控除額は次の計算式にて算出し、最高200万円までとされています。

「年間の医療費合計」 - 「保険金などの給付金」 - 「10万円(※)」 = 医療費控除額

※所得が200万円の場合には、10万円ではなく「所得の5%」とする

申告方法

医療費控除の申告は、毎年2月16日~3月15日の確定申告期間に、所轄の税務署にて行います。申告の際に持参するものは、次のとおりです。

  • 源泉徴収票(給与所得者)
  • 前年1月1日~12月31日までにかかった医療費の領収書、薬局で医薬品購入したレシート
  • 交通費の詳細メモ
  • 印鑑