院長・スタッフ紹介 Kawasaki Noelle Orthodontic Clinic

院長・スタッフ紹介Kawasaki Noelle Orthodontic Clinic

かわさきノエル矯正歯科の自慢のスタッフを紹介します

かわさきノエル矯正歯科の院長・スタッフ紹介のページです。
当院は、矯正の認定医と専門スタッフによる「対話を重視した」チーム診療を行っています。
不安なこと、分からないことはお気軽にご相談ください。

院長からのご挨拶

矯正治療によるメリットは計り知れません。私も矯正治療を受けていますので身にしみて分かります。
しかしながらドクターの求める「治療のゴール」「治療の難易度」と
患者様が考える「なりたい状態」「治療の受け入れやすさ」には差があります。
私は自分自身の患者としての体験を踏まえて「患者様にとってできるだけ負担のない治療方法」で、
専門医として「将来を見据えた最善の状態」を達成するために全力を尽くしています。
できるだけ痛みの少ない、負担のない治療を心がけていますので、
歯並びや咬み合わせにお悩みの患者様はどうぞお気軽にご相談ください。

院長プロフィール

院長プロフィール
院長 松原 望

院長Blog

【略歴】

1991

北海道立札幌北高校 卒業

1997

北海道大学歯学部歯学科 卒業(次席)

東京医科歯科大学大学院歯学研究科 入学(首席)

2001

東京医科歯科大学大学院歯学研究科 卒業、歯学博士

2003

東京医科歯科大学文部科学教官

2006

ノエル矯正歯科を川崎区に開院

東京医科歯科大学非常勤講師

横浜市立大学非常勤診療医

2009

国立国際医療センター戸山病院連携医

2014

かわさきノエル矯正歯科として幸区に移転

日本矯正歯科学会代議員

【所属団体】

歯学博士(歯科矯正学)
日本矯正歯科学会認定医・会員・代議員
日本歯科医師会会員
日本臨床矯正歯科医会会員
日本顎関節学会認定医・会員
日本顎変形症学会会員
顎口腔機能学会会員

【資格】

歯学博士
日本矯正歯科学会認定医
日本顎関節学会認定医

学会発表
1999 松原望、久野昌隆、水口俊介、相馬邦道 / 下顎運動に伴う頭頚部運動の解析―第1報 タッピング運動時の下顎および頭頚部運動周期の関連性について.第58回日本矯正歯科学会大会.
2000 松原望、雨宮賢、久野昌隆、石田哲也、水口俊介、相馬邦道 / 下顎運動に伴う頭部運動の解析―下顎および頭部運動周期の関連性について.日本顎口腔機能学会第22回学術大会
2001 松原望、雨宮賢、久野昌隆、相馬邦道、水口俊介 / 咀嚼終末期における頭部運動の解析―食品の性状との関連性について. 第24回顎口腔機能学会
日置喜久子、金香佐和、島芳夫、松原望、高津祐介、鈴木佐知子、プリヤダ・サンティラカナウォン、長谷誠、久野昌隆、相馬邦道 / アーチワイヤー装着時の咬合機能状態の検討―咬合圧分布について―.第60回東京矯正歯科学会大会.
2002 鈴木佐知子、松原望、久野昌隆、相馬邦 / 下顎運動に協調する頭頸部運動機構の解明―頭頸部モデルの考案―.第61回日本矯正歯科学会大会.
大坪邦彦、松原望、島芳夫、藤田浩嗣、三浦弘貴、簡野瑞誠、相馬邦道 / 改良・超弾性型Ti-Ni合金ワイヤーを用いた成人開咬症例の術後安定性に関する検討.第61回日本矯正歯科学会大会.
2003 村本健、松原望、堀内洋輔、相馬邦道 / 下顎頭の吸収が疑われる開咬症例に対する歯科矯正治療.第16回日本顎関節学会総会・学術大会
堀内洋輔、松原望、村本健、相馬邦道 / 当科における顎関節症を伴う前歯部開咬上顎前突患者の下顎頭形態に関する臨床統計学的検討.第16回日本顎関節学会総会・学術大会
松原望、村本健、堀内洋輔、相馬邦道 / 顎関節に疼痛の認められる開咬症例に対する矯正治療.第16回日本顎関節学会総会・学術大会
Sachiko Suzuki、Nozomu Matsubara、Masataka Hisano、Kunimichi Soma / Mechanical model analysis of cervical muscle activity during jaw movement.79th European orthodontic society congress
2004 松原望、鈴木佐知子、堀内洋輔、村本健、相馬邦道 / 下顎骨の側方偏位を伴う反対咬合患者の下顎頭形態に関する調査.第17回日本顎関節学会総会・学術大会
米満郁男、村本健、佐藤忠、堀内洋輔、松原望、相馬邦道 / 咀嚼筋力が下顎頭の成長発育に及ぼす影響について.第17回日本顎関節学会総会・学術大会
久野昌隆,齋藤壽彦,松原望,相馬邦道 / 噛み合わせ具合と食べやすさ,食べにくさ―食品のテクスチャー測定とアンケート調査から―.第20回日本歯科医学会総会.横浜
島崎一夫、松原望、相馬邦道 / 実験的咬筋疲労時の胸鎖乳突筋筋活動および頭部運動の観察.第63回日本矯正歯科学会大会
重信法子、島佐知子、松原望、久野昌隆、相馬邦道 / 叢生のパタン分類とその要因分析―correspondence分析による臨床統計学的検討.第63回日本矯正歯科学会大会
松原望、相馬邦道 / 過蓋咬合を伴う骨格性下顎前突患者の咬合高径のコントロールについて.第63回日本矯正歯科学会大会
島崎一夫、松原望、相馬邦道 / 実験的咀嚼筋疲労時における胸鎖乳突筋筋活動と頭部運動.第12回顎顔面バイオメカニクス学会大会
2005 桃沢 尚、松原 望、相馬 邦道 / 「ヒト歯根膜機械的刺激による胸鎖乳突筋の反射性応答」.第64回日本矯正歯科学会大会
2008 松原望、尾崎周作、島崎一夫、君塚幸子、岡本喜之、大村進 / 一期的な上下顎移動術を用いて顎顔面非対称を改善したHemifacial Microsomiaの1症例.日本顎変形症学会雑誌
論文
2001 松原望、雨宮賢、久野昌隆、相馬邦道、水口俊介 / 咀嚼終末期における頭部運動の解析―食品の性状との関連性について. 日本学口腔機能学会雑誌
2002 Matsubara N.、Hisano M.、Minakuchi S.、Soma K / Head Movements in the Occlusal Phase of Mastication. Journal of Medical and Dental Science.
2003 Sachiko Suzuki、Nozomu Matsubara、Masataka Hisano、Kunimichi Soma / Investigation of cervical muscle mechanisms during jaw movement - using a prototype head-jaw-neck model-.Journal of Medical and Dental Science.
2006 Shimazaki K、Matsubara N、Hisano M、Soma K / Functional Relationships Between the Masseter and Sternocleidomastoid Muscle Activities During Gum Chewing:The Effect of Experimental Muscle Fatigue.Angle Orthodontist
2006 石川均、佐藤豊、愛甲勝哉、新井直也、松原望、天笠光雄 / 下顎骨延長術で閉塞性睡眠時無呼吸症候が改善した小下顎症の1例.日本口腔外科学会雑誌
著書
2003 相馬邦道、村本健、松原望 / 顎関節症と歯科矯正診断・治療,顎関節症,日本顎関節学会編
講演
2011 Nozomu MATSUBARA、Advantage of improved super-elastic wires: effective prescription、中華民国台湾
2016 Nozomu MATSUBARA、Advantage of improved super-elastic wires: To treat angle classII cases、中華民国台湾
受賞
2002 大坪邦彦、松原望、島芳夫、藤田浩嗣、三浦弘貴、簡野瑞誠、相馬邦道 / 改良・超弾性型Ti-Ni合金ワイヤーを用いた成人開咬症例の術後安定性に関する検討 第61回日本矯正歯科学会学術大会優秀賞受賞.第61回日本矯正歯科学会.
2003 堀内洋輔、松原望、村本健、相馬邦道 / 当科における顎関節症を伴う前歯部開咬上顎前突患者の下顎頭形態に関する臨床統計学的検討 弟16回日本顎関節学会学術大会
斎藤壽彦、松原望、雨宮賢、久野昌隆、相馬邦道 / 咬合状態と各種食品の「食べやすさ・食べにくさ」との関連性―食品テクスチャー測定と食品摂取アンケート調査を基にー 弟62回東京矯正歯科学会学術大会
2004 松原望、鈴木佐知子、堀内洋輔、村本健、相馬邦道 / 下顎骨の側方偏位を伴う反対咬合患者の下顎頭形態に関する調査 第17回日本顎関節学会総会・学術大会

スタッフ紹介

お口の衛生管理を通した予防処置を専門に担当します。矯正治療では、お口の衛生管理がとても大切です。快適に矯正治療を受けていただけるようサポートしますので、よろしくお願いいします。

スタッフ紹介